良いお金普通のお金悪いお金

良いお金普通のお金悪いお金

もし、どれだけでもお金がもらえる、としたら、あなたはどのくらいお金が欲しいですか?
子供の教育資金に500万、という人もいれば、マンションを建てて悠々自適に暮らしたいからと、億の単位でお金がほしいな、と思っている人もいるでしょう。
私たちは、お金を使って、ものを購入したり、サービスを受けたりする社会に暮らしています。
身の回りにあるものは、多くのものが電子機器だったり、家電など、電気を使って動かすものですが、これらを使うためには、当たり前ですが、電気を供給してもらう必要があり、その対価として、ここでもお金が必要になっています。
要するに、私たちはお金がないと、何にもできないようになってしまったので、より、お金がほしい!と願う人が増えていると言えるかもしれません。

 

お金の使い方は千差万別なら、お金の使い方に対する見方もイロイロです。
同じお金の使い方でも、人によっては「良い(充実した)お金の使い方」とみても、一方では「無駄遣いだ」と見ることも。
どれが良いか悪いか、はたまた普通か!?これって永遠に答えは一致することはないかもしれませんが、くれぐれも、人のお金を勝手に拝借するような、誰が見ても悪いお金の出処、というのだけはしないように。